原点回帰の色

弊社は各モデルのライフサイクルを永く設定していますが、その中でも最も変わらないモデルがMELANCHOLYです。

MELANCHOLYなどのシングルスピードバイクは変速機が付かないモデルで、変速機付きの自転車とは異なるアプローチで製品開発が行われる事が多く見受けられます。

その中でもクロモリ素材のバイクは、競技で使われる物はビルダーの方々の拘り、ストリートピストは雰囲気を重視して作られている物が多いのでしょうか。

それぞれのスタンスがあり、それがシンプルなパーツ構成の乗り物でも感じられるのが、シングルスピードバイクの魅力の一つです。

さて、弊社のMELANCHOLYは、シングルスピードだろうと変速機付きだろうとコンセプトは変わらず、『上質でカッコいい』が全てです。

そんなMELANCHOLYに新色を追加しました。

少し厳密に言いますと新色では無く、ROCKBIKES創業当初のカラーChrome Jadeを復刻して販売します。

細かなパーツは当初のモデルとは変わっていますが、現行のパーツのみで販売も行なっていますので、当時物をお持ちのオーナー様で現行の物へとアップデートされたい方はお気兼ねなくお問い合わせ下さい。

Chrome Jadeの再生産に伴い、Quick Silverの生産を終了します。

弊社の在庫はほぼ無く、お探しの場合は流通在庫をお調べしますので、そちらもお気兼ねなくどうぞ。

引き算の美学を感じられるカテゴリーがシングルスピードです。

機能性を削ぎ落とす代わりに得られた、剥き出しのカッコよさがあります。

クランクはご希望であれば新しいデザインのモデルに変更できます。

質感、デザインが異なりますが、性能的な違いはございません。

クラシカルな雰囲気を好まれる方は現行のクランクを、少し新しさを望まれる方には新型のデザインをお勧めします。

サドルの形状・表皮の種類もSIXTH COMPONENTSの中からお選び下さい。

バイクの雰囲気に大きく影響する部分ですので、お悩みの際は弊社代理店もしくは弊社までお気兼ねなく。

ENVYのニューモデルのように溶接部をスムーズにする処理をご希望の際はアップチャージにて製作致します。

溶接痕を残せば無骨なイメージを持つバイクになりますし、スムーズにして優雅なオーラを持つバイクにする事も可能です。

ハンドル形状も悩ましい。

ストレート、ライザー、ブルホーン、ドロップ。

どれを選ぶかでバイクが持つイメージが全く異なります。

個人的には、シングルにはライザーを合わせたいと思うのですが、如何でしょう。

話は変わりまして、先日のブログで弊社から正規代理店への納品スタイルの変化について述べましたが、パーソナライゼーション以外の理由も色々とあります。

その一つが事故等で車体を破損された際のリカバリーのしやすさ、です。

弊社のような生産台数を少ないメーカーでも、創業から多少の年月が過ぎ、オーナー様も増えてまいりました。

事故、長期使用での摩耗、アップデートなど様々な理由でパーツ単体での出荷を希望されるお声を多く頂き、より充実したサポート体制を構築する為、組み立てずに管理・出荷するスタイルを採用しました。

高円寺 サイクルソケットのブログにも書かれていますが、フレーム、フォークも補修部品の一つとして考えていますので、事故などでフレームに異常が発生した場合でも、リカバリーが容易です。

その際にモデルを変更する事もできますので、趣味人の大敵、倦怠期も乗り越えやすくなりました。(フレームセットでの販売は現状、オーナー様のみに向けたサービスとなっております。)

ただ、フレームを交換される際は、交換前のフレームを所有され続ける事を強くお勧めします。

場所も塞いでしまいますが、ご自身が通ってきた道を辿る相棒として最高のパフォーマンスを発揮します。例え車体として乗る事が出来なくてなっても、情緒的なパフォーマンスは朽ちる事がありません。