趣味のバイクに必要なこと

秋も深まり、日に日に布団とのお別れが難しくなるこの季節、皆様如何お過ごしでしょうか。

今日は新製品のお話を少し。

自転車に情緒を求められる方は、かなりの確率でクロモリバイクにたどり着きます。

弊社のラインアップでは、ENIGMAFORTUNEGREEDENVYMELANCHOLYがフレーム素材にクロモリを使用しています。

一般的には優しい乗り味、フレームのしなり、細身のシルエットがクロモリバイクの魅力とされます。

それ以外にも魅力がモチロンありまして、競う必要が無いのも、重要な要素でしょうか。

人生、薫風の吹く頃は、スピードこそが乗り物の一つのロマンでありましたが、綺麗に枯れていく事を意識し始める頃になりますと、趣味の乗り物に求めるモノやコトは変化していくものです。良質な自転車のキモというのは、スピードだけでは無い事がわかってきます。

趣味の乗り物に必要なのは、いつでもワクワク、ドキドキできる事で、それを満たすのに必ずしも速くある必要はありません。

そして何よりカッコいい事。

美人は三日で飽きると言いますが、本当に惚れ込んだ相手は何年経とうが飽きやしません。

乗り物の官能性を感じ取る資質のある方には、経験しておくべきバイクとしてクロモリをお薦めします。

話を新製品に戻しますと、創業当初より弊社のラインアップにございますENVYをアップグレード致します。

この写真は9月の展示会でENVY CONCEPTとして展示していた車体です。

仕様が大きく変わりますので、全く参考になりませんが溶接ビードの処理は行います。個人的には整った溶接ビードも好きなので、後は個々の価値観が決める事でしょう。

長くなりましたので、次回に続きます。