理想と現実

10月に入り、外で過ごしやすい気候になりました。

自転車との相性も良いこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年は新モデル、コンセプト モデルを数点リリースしました。

製品以外にもBESPOKE等の新しいサービスを始め、創業当初からの理想に近づきつつあります。

現在、進めているのはコンポーネンツ チョイスシステムでございまして、先ずは駆動系を任意にお選び頂ける体制を構築している最中でございます。

将来的には、駆動系以外のパーツも選択できるようにしたいと考えています。(ステム長、クランク長など)

今後の新製品に関しまして。

創業当初より企画していた製品をようやくカタチに出来そうです。

詳細はまた後日になりますが、業界の常識の外にある、日本のストリートに根差した製品である為、製品化に想定外のハードルがありましたが、ご期待下さい。

新しい事をカタチにしていく際には、何かしらの反作用が発生するのは仕方無い事なのでしょう。

弊社の社屋も創業当初はスペースに余裕があったのですが、コンポーネンツ チョイスシステムの導入により、ストックスペースの余裕が全く無くなってしまいました。

そして困った事に、間も無く大量の部材・パーツが届いてしまう、という事で急遽ストックスペースの確保をする為、TOMAHAWKの価格改定を行います。

詳細はコチラをご覧下さい。

カッコよさには、目立つカッコよさ・シブいカッコよさがありますが、TOMAHAWKは前者です。

華やかな乗り物に跨って、刺激的な毎日をどうぞ。