スピードのリアリティ

日頃から、良質な自転車を謳っている弊社ですが、何をもって良い自転車と考えるかは人によって異なります。

一般的にはスピードに関係する傾向が強いとは思います。

重量であったり、最新の技術であったり、レースでの実績であったり。

しかし、弊社はENIGMAのページでも述べておりますように、バイク単体での速さにフォーカスしている訳ではございません。それよりも、個人にとってリアリティのあるスピードこそが重要だと考えております。

スピードには、自分自身に馴染むスピードの感触があります。

速すぎては心臓によくありませんし、遅すぎては退屈に感じてしまう。オーナー様が心地よく、自分らしく自転車を楽しめる。これをリアリティのあるスピードと表現しています。

例えば、GREEDは高速巡航ではTTバイク等と比較しますと分が悪く、逆に都市部を駆け抜けるバイクとしては最高の性格をしています。

自転車の良し悪しは、自転車そのものの速さに由来するのではなく、オーナー様と自転車の相性によって決まるのです。

カスタムに関しても、数字的な何かではなく、ご自身が気持ち良いと感じられるポイントを探されると、より完成度の高いバイクになります。

スピードを追求される方はレースブランドを、良質な刺激と幸福な何かをお探しの方はROCKBIKESをどうぞ。

さて、先日のブログに掲載した写真に関するご質問を多く頂きます。

特に隠す必要もございませんので、お知らせしますと、創業当初に生産していたMISSILEというモデルを復活させようと考えています。

当時はコンセプトが早すぎたみたいで、気に入っていながらも他の車種の生産を優先せざるを得なかったのですが、非常にROCKBIKES色の強いモデルですので、ラインアップに戻そうと思います。

価格、スペックなど決まっていない事項も多くございますが、展示会で試作品を展示しますので、ご期待下さい。