運命の一台

少々更新が滞ってしまいました。

9月の展示会に向けて準備をする日々が続いております。

以前の記事で展示会に触れはしましたが、イメージ画像の添付を失念してしまいましたので、本日は忘れない間に貼り付けます。

展示内容も概ね決まりましたが、今回の展示会では新製品だけでなく、新しいOWNERSHIP PROGRAMのお知らせを行う可能性もございますのでご期待下さい。前回も申し上げた内容で、内容が重複してしまい恐縮ではございますが、OWNERSHIP PROGRAMはオーナー様のご登録が必要となりますので、是非ご登録下さい。

上記の登録はご購入から一ヶ月以内という期限がございます。しかし、諸々の事情で登録ができなかったオーナー様がいらっしゃるご様子ですので、何らかの対応をしたいと考えております。この件は、決まり次第、こちらのブログにてお知らせしますので、少々お時間を下さい。

さて、バイクの雰囲気や方向性を決定する要素の一つにハンドルバーがございますが、弊社のラインアップにはドロップ、フラット、ライザー、ブルホーンをストックで搭載している車種がそれぞれございます。

自社で散々押している影響もモチロンございますが、最近はブルホーンにカスタムしての納車が増えております。

ブルホーンはアグレッシブな雰囲気とは裏腹の、ストリートでのユーティリティがございます。街を走るブルホーンの台数が少ない事も含めて、強くお勧めしたいハンドルバー形状です。

先日、シルバーカラーの出荷も開始しました。MACHUSのシルバー等と合わせて、バイクの雰囲気を変えてみるのも、倦怠期を乗り越える良い方法です。

バトンホイールXENONとの相性も良好で、一目でスペシャルなバイクだと街行く人々に理解されます。

バトンホイールは漕ぎ出しで重量を感じますが、巡航スピードとその維持に優れており、スポークで組んでいるホイールと性格が大きく異なります。

後は美意識の問題でしょう。

あまり目立つ事を良しとしない空気の流れる国ですが、好きな乗り物を選ぶ時は自由に選ばれる事をオススメします。

お気に入りの乗り物を所有する行為自体はただの自己満足ですが、その喜びを知らないよりも、経験をした方が間違いなく豊かな人生だと言えます。

しかし、本当にお気に入りの一台、もしくは、あがりの一台に出会う確率は非常に低いのが現実です。(これは、あがりの一台になるべくして生産されるバイクが圧倒的に少ない事に起因します。)

お電話、メール、店頭でご購入を検討下さっている方とお話しておりますと、大体の方が直感的に欲しいモデルが決まっていらっしゃるのですが、何かしら理由を見つけてはご自身の直感を否定して迷われてます。

わざわざご自身の感覚を否定しているワケです。

新しい乗り物を探す際に、おそらく全ての方がネット、雑誌、SNSで色々と検索をされると思うのですが、自転車はホビーの世界でも同調圧力が強い傾向にあるので、それらと接する程に理想の一台から遠ざかるリスクが当然増えます。

ただ、無難な一台にたどり着けるので、それはそれで一つの幸福の形です。

弊社製品に限らず、迷いが生じた際は各メーカーの販売店もしくはメーカーとお話されるのが良いでしょう。それはそれでバイアスがかかりますが、総合的な判断となると相談しておいて損はございません。

理想もしくはあがりの一台を見つけてそれと永く付き合う行為は、将来的にカッコいい人生の在り方へと続くのは間違いございませんが、メンタル・金銭・手間を考えるとバイクを定期的に交換する方が難易度は低いのは確かです。

しかし、加齢と共に人間としての魅力は表面的な部分よりも、生き方、佇まいといった個人個人の本質的な部分に焦点を当てられるケースが増えます。そこで、生き方や佇まいに直結する趣味嗜好は、生まれつきの美男美女よりカッコよく生きていく為に非常に重要なファクターになります。外からどう見えようが気にされない方は、特に気にする必要はございませんが、趣味の乗り物を頻繁に変える行為をどう感じるか、それを想像してみて下さい。

いつも新しいものを持っていて華やかと感じる事もできますし、それを悪く取る事もできます。

逆に永く同じものを所有している人を、スタイルを持つ人だと考える事もできますし、これも悪く捉えることも当然の事ながら可能です。

それぞれの価値観・理想とする人生像をベースに自転車を選ぶ事で、運命の一台に辿り着ける可能性が高まります。

欲を申しますと、その一台がROCKBIKESであれば大変嬉しく思います。