情熱の温度

発表から生産まで、もっとも時間がかかったバイクがDEUCE phase2です。

他のモデルでは使用していないフレーム素材を使用したり、細かな変更を繰り返した結果、永い時間を頂く結果となりました。

お待ち頂いたオーナー様方、誠にありがとうございました。お陰様で納得できるバイクを製作する事ができました。

スペックを中心にバイクを語るタイプの方にはディスクロードと呼ばれてしまいそうですが、既存のマーケットにあるそれらとはコンセプトが異なりますので、違いをお楽しみ下さい。

スペックの変更が納期に何故影響するかと申しますと、弊社は他社様が行わないパーツの組み合わせを行う為で、この作業は実例が無い為、多くの検証作業が必要になります。また、ソレを弊社のジオメトリーと組み合わせていく上で、更に検証作業が増えます。

手っ取り早く生産する為の定番スペックもしくはパーツメーカー推奨スペックは存在するのですが、それらを鵜呑みにしてしまいますと個性が削がれてしまいます。

また、弊社はレーシングバイクではなく、上質なストリートバイクを製作するメーカーでございます。パーツメーカーのみならず業界全体がレースバイク至上主義を持つ中でのスタンダードから遠い場所におりますが、ストリートに向き合ったバイクを製作する上では上記のような作業が必須となります。レースで勝利する為の性能とストリートを駆けるバイクでは求められる物事が大きく異なる為、レース直系の製品をポン付けしても最高のストリートバイクにはなり得ないのです。

本気でレースをするメーカーは数多ある中で、ストリートに根ざして製品開発をしているメーカーは存在せず、ストリートっぽい物は散見されます。ただ、それらはレースの為に作られた物をコストカットして集結させたモノでして、実生活との相性は考慮されておりません。特に日本の道路事情や生活環境に至っては言わずもがな。

良質なストリートバイクの製作には、ポン付けでもなく、パーツの新たな組み合わせを探すだけでもなく、新しく開発を行う事も必要となります。

レースや既存の業界を否定しているのではありませんので、その点はご理解を。弊社もROCKBIKES以外でレースに関わっているのも事実でございますし、レースにはレースの美学がございます。

同様にストリートにはストリートの美学があるのです。

自転車の素晴らしさがレースに限定される必要が無い事をお伝えしたく。

上記がROCKBIKESの価値観でございまして、製品ラインアップには当然それが反映されております。

弊社の製品は今日のマーケットにおいては、決してお安い製品ではございません。

良質な製品を販売するメーカーは50,000円前後のモデルをエントリーモデルのクロスバイクとしてラインアップしますが、弊社にはソレがございません。

開業当初はその価格帯も生産しておりましたが、品質的な妥協だけでなく、カッコよさの妥協も結果としては行ってしまっていたと思います。

もちろん、その当時は最高のモノを作っている気概でおりましたが、価格設定の呪縛が永く頭から離れませんでした。これは中途半端に業界に染まってしまっていた事に起因するのですが、最近はようやくその呪縛から解き放たれ、自分が本当に満足するモノを製作できております。これは開業当初から応援して下さっているオーナー様方のおかげです。その結果として、価格設定が変化していったのです。

50,000円前後のクロスバイクにはそのバイクの魅力があります。しかし、クロスバイクよりも生活に近いストリートバイクこそ高品質でなければならないので、弊社のクロスバイク的なモデルはソレらと比較しますと高額です。

では同一価格帯のマーケットにある製品と比較するとどうなるかと申しますと、モノつくりのベクトルが異なりますので、比較・対照をお楽しみ頂けると思います。

乗り味が異なるだけでなく、質感、アフターサービスまで、各メーカーのスタイルを発見するのも自転車選びの楽しさです。

上記で、モノつくりのマインドの変遷について少々触れましたが、初期型をお楽しみ下さっている方が今後もROCKBIKESをお楽しみ頂けるサービス、OWNERSHIP PROGRAMを今年より開始致しました。

何かのご縁でご購入頂いた製品ですが、弊社は多少なりともアップデートを常に行っておりますので、容易に最新のモノに近ずけられるように開始したプログラムです。

今後もサービスの拡充を行いますので、ご期待下さい。

サービスのご利用にはMEMBER SIGN UPが必要となりますので、是非ご登録下さい。

今日は何だか調子が良いので、もう少し続きます。

弊社の原宿店、大阪店にご来店頂いたお客様より頻繁に頂くご質問が、どのモデルがハイエンドなのか?といった内容のものです。

一般的にはフレーム素材、コンポーネンツのグレードで価格が決まるのですが、弊社のラインアップの中にはハイエンドやローエンドといった概念はございません。少なくとも私の中には、そういった意識はございません。

オーナー様のご使用用途や性癖によって最適なモデルが変わるだけで、価格差による貴賎はROCKBIKESに存在しません。

価格はシンプルにかかったコストの結果でしかなく、全てのバイクが同じ情熱を内包しております。

人によっては物足りなく感じられるかもしれませんが、世間の常識だのお約束だのは、心の底からどうでもよい。

他所様への迷惑は考えられた方が当然良いとは思いますが、それ以外では自由に自転車をお選び頂き、お楽しみ下さい。

そのバイクがROCKBIKESであれば、幸甚の至りです。