玉虫色の創造力

先日より出荷を開始した車種が三機種、PRIDE、GREED、MELANCHOLYでございます。

先行して製作したサンプルとスペックが少々異なりまして、それぞれブレーキ周りのスペックを上げております。

PRIDEとGREEDのスペックは非常に似ているのですが、ブレーキレバーは同じグレードながらそれぞれのハンドル形状に合った異なる物を採用しました。

MELANCHOLYに関しては、リアブレーキを他のBB下ブレーキの車種と共通の物に変更しております。引きが軽くなっただけでなく、質感も上がっております。ほとんど見る事が無い箇所ではございますが、見えないオシャレという事で。

今回、入荷したアイテムでGREED MatteBlack 530とGarnetRed 530が完売しました。お探しの際は弊社までお問合せ頂ければ、在庫のある販売店をお探ししますので、お気兼ねなくお問合せ下さいませ。

今回、久しぶりにQuick Silverをリリースしました。

使用している塗料自体は変わらないのですが、下地処理を変えた事により、発色が以前とは少々異なります。

パール感が以前よりも強く感じられ、オトナの雰囲気を纏いながらも、色気が滲み出てくるバイクに仕上げました。

自転車業界で売れないカラーに必ず入るシルバーですが、売れる売れないの問題ではなく、製作したいからラインアップに入れてます。地味と思うか、シブいと捉えるか。永く付き合うバイクをお探しの方にお勧めしたいカラーです。

上記のPRIDE phase4は今回より油圧のディスクブレーキを採用しており、ストリートクルーザーとしての純度が上がりました。

実用性はもちろんですが、一目でわかる異質感が特徴のモデルです。