耽溺のバイク

弊社製品をご検討頂く方は、上質なバイクを初めてお探しの方のみならず、2台目として所有される方、もしくは以前スポーツバイクを持っていながら暫く離れていて、カムバックする為の一台として所有される方もいらっしゃいます。

私もそうでしたが、上質なバイクを初めて購入する際、フィットネスやA地点からB地点への移動を主な目的とする事がほとんどでしょう。

2台目以降に、もしくはカムバックの一台として所有される方の中には、ただ良質なバイクを所有する事、乗る事に喜びを見出されていらっしゃる方もいらっしゃいます。

人間の行動は二つに分ける事が出来まして、一つは何らかの目的を達成する為の行動、もう一つとして、それ以上何の目的も無い行動です。

何らかの目的を達成する為の行動も、辿っていけば最終的には、それ以上目的が無いような究極的な目的に到達します。

前者の方が理性的な説明が容易ではございますが、究極的な目的は理屈抜きに人生の喜びへと繋がるものです。しかし現代社会では、役に立たない、無駄、省略されるべきものだと考えられる風潮がありまして、それが現代社会を難しくしている一因のように思います。

自転車に話を戻しますと、自転車業界のカテゴリー分けでママチャリとスポーツバイクとを分ける方法が市民権を得てます。弊社はスポーツをする為のバイクではございませんので、スポーツバイクメーカーとは謳わずに良質ないしは上質なバイクを作るメーカーとしております。パフォーマンスではなく感性を刺激し続けるバイク、と認識して頂ければ。

上記の究極的な目的、つまり快楽を追求しておりますので、自転車的には全くの無駄です。移動という観点から申し上げますと、安価なものでも充分なパフォーマンスがあるワケでして。

しかしながら、贅を尽くした大袈裟な余剰感から産み出される豊かさは、プライスやら性能等といった野暮な数値では測れないのもまた事実であり、そういった製品を製造しているのがROCKBIKESなのです。