美意識は思想であり、生き様でもある。

少し間が空きましたがポータルサイトCYCLING EXとのタイアップ第三弾

今回は製品にフォーカスした内容です。

振り返りますと、歳を重ねる毎に一般的な自転車のマーケットとコンセプト・製品の隔たりが大きくなってます。

製品の性能や数値に関わるご質問は頻繁に頂くのですが、SPIRITのページでも述べておりますように、そこに気持ちはおいておりません。

ROCKBIKESを始める以前は数値の追求をしておりましたが、ある日、気が付いてしまったんですね。

その数値への執着は結果としてバイクの進化、オーナー様の幸福に大きく寄与しない事に。

カタログに数字を並べる事で、販売は容易になりますが、進化を体感する事はほぼ不可能です。

カタログの為の数値、販売文句の為の進化。

データ上で進化しても、体感できない事に価値を見出せなくなりました。(もちろん、データで楽しむ自転車選びもありまして、それを完全否定する訳ではございません。あくまでも弊社の考え方として、です)

自分の製品に自信があれば、相手を煙に巻く数値での宣伝文句よりも一言、『カッコいいでしょ?』で十分。

もちろん美意識も色々ありますが、弊社のスタンスとしてはトレンドの外にある、普遍的なカッコいいモノを追求しております。

永く楽しむ事を前提にしておりますので、純正部品のストック量・期間もそれに対応すべく設定しております。

他の乗り物趣味でもそうなのですが、純正部品がなくなると、急にその乗り物の維持が難しくなります。マーケットにある製品で代用できるケースも多々ありますが、カッコよさに根ざした製品が少ない為、乗り物の空気感が破壊される事はよくあります。また、保証にも関わりますので、悩みは尽きません。

そういったお悩みからオーナー様を解放する為に、パーツ部門SIXTH COMPONENTSをご用意しました。

こちらは純正の空気感を壊さずにカスタムできる、楽しみの幅を広げる為の部門でございます。こちらも是非。さて、メーカーを立ち上げる際に、当然の事ながら色々考えて立ち上げたのですが、全く想定通りにならなかった事がございます。

オーナー様の層です。

30代〜40代の男性を顧客層として想定しておりましたが、フタを開けてみると男女比率が6:4、年代は10代から70代まで、幅広い方々に所有して頂いてます。

特に女性は全く考慮しておりませんでしたし、今現在もそれは同様です。

オーナー様にROCKBIKESを購入したワケを伺いますと、色と形と空気感を気に入って下さってご購入に至ったケースばかりです。

男性のお客様には、怖そうな人たちがやっているイメージがあると言われる事が多いので(甚だ遺憾なのですが)、女性に空気感を気に入って頂くのは意外です。

しかし、よくよく考えますと、女性の方が一定数、機能に特化した多くの他社様ではなく、カッコつける事に特化している弊社にご興味をもたれる理由がわかります。

私がプロレスの技を研究したり、巨悪と戦う為に変身したり、海賊王を目指していた年頃から既に、女性陣は既に美の追求を始めてました。

天性の美しさに飽き足らず、さらに磨きをかける努力を怠らない方々が、おみ足の延長線としてROCKBIKESを選んで下さっているのは幸甚でございます。

ROCKBIKES OSAKAのオーナー様専用スペースにおいても、想定外の事が起こっておりまして、女性オーナー様のご利用が圧倒的に多く、尚且つ上手にご活用されてます。

メーカーの空気感は私共だけで成立させるものでは無く、オーナー様と私共で作り上げていくものなので、今後、ROCKBIKESがどういう空気を纏うのか、楽しみで仕方ありません。

SONY DSC