広報担当は今日も語る

先日のCYCLING EXの記事で、ROCKBIKESは機能性よりカッコよさを天秤にかけた時に、弊社はカッコよさを優先していると発言しました。

予想はしておりましたが、この発言を誤解して、ROCKBIKESには機能性が無い、と思われる方がいらっしゃいます。(機能性と品質の関連性はリンクのインタビュー記事中でも述べておりますのでご参照ください。)

非日常のレースと、リアルなストリートでは狙う性能が異なりまして、既存の自転車業界の目線から理解する事は簡単ではございません。

多くの方がバイクの機能性をレースでの速さに見出しますが、ROCKBIKESはストリートでのパフォーマンスを重要視しております。

そのパフォーマンスの中の最重要項目にカッコよさがあるのですが、もちろんストリートでの速さも考慮して、バイクを製造しております。

この業界に昔から存在する風潮なのですが、レース ブランドでなければ走行性能が存在しない、と思われるユーザーや業界に関わっていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

レースを神格化する事でスポーツバイクのマーケットは形成されてきた歴史がございますので、その価値観自体を否定は致しません。しかし、レースにはレースの。ストリートにはストリートの流儀がございます。

また、自転車の面白さの一つに、人によってバイクに対する印象は大きく変わる事がございます。例えば、弊社のクロモリバイクENVY

重量が気になるユーザー様がいらっしゃる一方(クロモリを使用すれば、重量はある程度出ます)、国内外の割と有名な元選手からは、これ程進むクロモリは初めてだ、というインプレが出たりします。

何を申したいのかと言いますと、どっちの意見も盲信する必要が無い、という事です。ユーザーの意見も、有名ライダーの意見も、他人の意見でしかなく、アナタの感覚はアナタのモノでしかありません。

それを大事にして頂きたいのです。

これはバイク選び以外の、五感を使う作業にも言える事です。

煌びやかなレストランで飲むロマネ・コンティを最上と思う人もいれば、街場の酒屋で飲むシャバシャバなワインを好む人もいる(私は後者です)。

ただそれだけの事です。

好きなモノに自由に乗られるのが1番の幸福ですし、それこそがご自身のスタイルなのです。

バイクに貴賎は存在せず、オーナーとバイクと世界の関係にこそ美しさが存在します。

長く、分かりにくくなりましたので、次回に続きます。

さて、最近の原宿店には外国国籍の方が多くいらっしゃいます。

日本に住んでいるから、日本のメーカーを、というお考えの方がいらっしゃるのですが、困った事に弊社は560サイズまでしかサイズのご用意がございません。

以前からリクエストは頂いていたのですが、もう一つ大きなサイズの製作を検討しております。

余談ですが、弊社のサイズ表記はシートチューブの芯ートップで表記しております。

一番、生産数の多いサイズが530サイズでございまして、一般的なメーカーの530サイズは大きめなフレームサイズと言われるのですが、ジオメトリーの考え方が他社様と異なる為、このような現象が起こります。

弊社バイクのサイズ選びの際は、最寄りの正規代理店、もしくは弊社まで直接ご質問を頂きますと間違いがございません。

ネット検索で得られる情報をベースに選ばれますと、適正ではないサイズのバイクを選ばれてしまう可能性がございますので、お気をつけ下さいませ。