新たな価値観

趣味の乗り物を生業としてますと、最新が最善であるかの様に思われるのですが、必ずしもそうではございません。

過去に製作した製品でも、思い入れ・思い出・コダワリによって、その人にとっての価値は左右されるのです。

最近、新モデルをチョコチョコと情報公開しております。

メーカーである以上、新しいモノを作る欲が当然ございますので、今後も新モデルの発表やモデルチェンジは行いますが、私自身、過去に製造して強い愛着を持っているモノも少なからずございます。

再生産をする、というのも一つの考え方ですが、良い思い出には手を加えない方がロマンが深まりますので、過去に製作した製品を、遡って再販する事は基本ございません。

前に進んだ分、美しい思い出は輝きを増すのです。

今回は東京 高円寺のCYCLE SOCKETのブログをご紹介致します。

GREED phase2 CREAM WHITEは極少数を生産致しまして、先日、弊社より530サイズの最後の一台を出荷致しました。

上記のリンクより飛べるブログでは、モデルチェンジの機微をバンドに例えて表現されておりますが、モデルチェンジ毎に大きく変更をする弊社では、モデルチェンジ後にモデルチェンジ前の製品を探される方が多くいらっしゃいます。

もちろん新型に反響があるのは嬉しいのですが、実はモデルチェンジ前の製品を愛して頂く事も、極上の喜びであったりします。

さて、先日オープンしましたROCKBIKES OSAKAに関しまして。

今回の店舗のコンセプトは、かなり弊社の夢を詰め込んだスタイルでございますので、ワリと無茶だなと自覚しながらも形にしました。

販売店としての機能は先日のブログをご覧頂くとして、今回はOWNERSHIPプログラムとしてのROCKBIKES OSAKAについて述べたいと思います。

この店舗は、オーナー様がより広く深く自転車を楽しむ為の場所としてご用意致しました。

自転車の楽しみ方は乗る事を主軸とされがちですが、この場所においては乗らない楽しみを提供しております。

それは、ゆったりとご自身の時間を過ごす為であったり、似た価値観を持つまだ見ぬ友人との出会いだったり、隔離された空間で唯一無二の体験をすることであったり。

ROCKBIKESを検討中の方以外ではオーナー様のみご入場頂けるのですが、お連れ様お一人のご同伴は受け入れております。ご友人との歓談、もしくはお仕事等のミーティングにもご利用下さいませ。今回の店舗は景観も良いので、特別な方と過ごすのにも最適でございます。

現在は準備中ですが、間も無くオーナー様にご利用頂けるルーフトップバルコニーもオープン致しますのでそちらもご期待下さい。

また、この業界では初だと思いますが、貸切ができる自転車店でもございますので、イベント等でご使用になられたいオーナー様は遠慮なくご相談下さいませ。

ご来店された方が口々に、これは自転車屋では無い、と仰ります。

その通りでございまして、ROCKBIKES OSAKAはオーナー様とメーカーの新しい関係を構築する為の空間でございます。

今後も、弊社による甘やかしにご期待下さい。