ROCKBIKES OWNERSHIPプログラムのお知らせ

四月に入り、人生における新しいスタートを切られた方も多くいらっしゃると思います。

私は生来、怠惰な人間ですので、入学・卒業・就職といったイベントを前向きにではなく、面倒に思う性格だったのですが、加齢と共にそういったイベントを懐かしみながら、眩いものを見る気持ちで世間を拝見しております。

こういった前向きな心の変化が起こるのは、加齢の良い点でしょう。

加齢による悪い点は考え始めたらキリが無いので、考えないようにしております。

さて、本日も新製品のご案内を。

プレスリリースをご覧になられて既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、このプロパガンダではプレスリリースとは異なる切り口でお伝えしたいと思います。

先ずはTOMAHAWKにドロップハンドル仕様を追加しました。

ブルホーンとドロップ、ハンドルの違いで全く異なる趣のバイクになります。

お好みでお選び下さいませ。

トラック競技で使用する機材をストリートで走らせたのが10数年前に興ったピストブームの始まりですが、国内では法律の問題でバッシングを受け、マーケットの規模は大幅に縮小したものの、その後もシングルスピードバイクはストリートに生き続けました。

TOMAHAWKMELANCHOLYは日本の道を走るべく製作した車体でございまして、シングルスピードの良さを活かしつつ新しい形に進化をしております。

クリーンなルックスはそのままに、ブレーキをスマートに搭載する事によって、それまでは無かった新しいカテゴリーのバイクが完成しました。

ストリートの感性によって、文化が更新された瞬間です。

先日はMELANCHOLYのモデルチェンジの発表も行いまして、ハブ、ブレーキ、塗装の変更を行います。

瞬間的に違いを体感はブレーキのタッチぐらいなのですが、長期的に乗られる際にメリットを感じて頂けます。

この長期的な所有を前提としてモノを改善するのは、商売的には不正解になるケースが多いのですが、弊社は生産台数を増やしてビジネスの拡大を狙っているメーカーではございません。

永く楽しめる土台は弊社サイドでご用意しておりますので、後はROCKBIKESを永く愛して頂けたら幸甚の至りです。

GREEDもモデルチェンジを行います。

ワイヤーのインナールーティン化、変速段数の変更、ホイールのアップグレードが変更点です。

それに伴い価格も上昇しますが、こちらも長期的な視点でこのモデルを所有した際のメリットを重視しました。

目先の販売台数を優先するのであれば当然、価格は抑えた方が良いのですが、自分の作ったモノを使い捨て感覚で乗られるのは悲しいので、自分の価値観に従ってモデルチェンジを行います。

価格上昇分以上のアップグレードをしておりますので、こちらも中長期的な視点で所有して頂ければ。

創業当初より製品の品質にはコダワリを持っており、創業当初のROCKBIKESを綺麗に維持されていらっしゃるオーナー様にお会いすると、感謝の気持ち以上の感情が心に広がります。

もちろん長期使用にはメンテナンスも必要なのですが、一般的な自転車と比較されましたら、ROCKBIKESのしぶとさに驚かれる事でしょう。

ノーメンテで乗りつぶしていくスタイルが主流の昨今ですが、弊社は愛したモノを永く使われるスタイルをおすすめしております。

使い捨ての製品には、オーナー様とメーカーの使い捨ての関係を生み出します。

資本主義経済はそれで成り立っている側面も否めませんが、弊社は貨幣価値ではなくロマンをベースに活動をしており、現代社会における正論からは遠いところに存在しておりますので、ご理解を頂ければ。

さて、この『永く楽しむ』考え方は弊社の価値観の根幹をなしております。

最新の機材の魅力を完全否定する訳ではございませんが、永く一つのモノを愛する事で人間としての成長が得られるのも確かなのです。

ただ、生活環境の変化でどうしても乗るバイクを変えなければならない時があるのも事実。

もしくは事故で乗られなくなる時もございます。

そこでオーナー様に永くROCKBIKESに乗って頂く為のサポートプログラムを始める事にしました。

こちらをご参照下さい。

これはオーナー様にフレームやフォークをアフターパーツとしてご用意する事で、長期に渡りROCKBIKESオーナーとしてお楽しみ頂きたい、という想いをキッカケに始めることにしました。

ライフスタイルの変化で乗りたいモデルが変わる事もございますので、現在所有されているモデルとは異なるモデルのフレームセットもお選び頂けます。

もしくは事故でフォークを破損された場合でも修理が容易になりますし、あるいはフォークの材質を変えられる事で乗り味を変えるといったカスタムの奥行きも出ます。

価格や納期は弊社正規代理店にまでご相談下さいませ。

上記のサイトをご覧になられた方は気がつかれたと思いますが、CLUB ROCKBIKESと銘打ったサービスも始めます。

自転車には乗る以外にも、それを楽しむ方法はございます。

弊社は自転車メーカーなのですが、ただ自転車を作ってお終いでは物足りず、自転車を通して人生をより良いものにする為の組織です。

先ずは大阪市内でROCKBIKESのオーナー様方が気軽に寛げる場所をご用意致します。

暑い時、寒い時、雨や槍が降っている時にでもお楽しみ頂ける、オーナー様の為のスペースです。

こちらのスペースで、ROCKBIKESという共通点を持っている人々が集まって、のんびりと楽しい、優雅な時間を過ごして頂きたく。☆バックスではございませんが、オーナー様にとって居心地の良い場所を人生に追加できたら、と思っております。

また作り手として、オーナー様がどのようにROCKBIKESを楽しんでいらっしゃるか非常に興味がございます。機会がございましたら是非オーナー様ご自身のお話をお聞かせくださいませ。

正式なオープン日は決定しておりませんが、来週4/14の土曜日、現地にてスタッフが仕上げの作業をしておりますのでオーナー様はお気軽にお越し下さいませ。特に何か大きなイベントを開催する訳ではございませんので、気のおけない友人宅を訪れるぐらいの感覚でどうぞ。

大人数には対応していない場所でございますので、事前にこちらよりご連絡を頂けますと大変助かります。

場所はご連絡を頂いた方に返信メールにてお知らせを致します。

記事が長くなってしまいました、まだまだお知らせがございますので、次回をお楽しみにお待ち下さいませ。