私の選んできたもので、私は作られる

今回のブログでは新製品ではなく、その前段階のコンセプトモデルのご紹介です。

弊社のラインアップの中でもキワモノの部類に入るバイク、ROCKETの新しい方向性を探るべく製造しました。

現在販売中のモデルとの違いは溶接痕をスムーズにした事、ロゴの配置、ワイヤーの取り回しでございます。

細かなパーツもテストの為に変更しておりますが、上記も含めまして、あくまでもコンセプトモデルですので参考程度にご覧下さいませ。

溶接ビードをスムーズにする方法は何種類かございまして、スムーズであればある程に技術力があると思われがちなのですが、実際はメーカーの技術力云々とは然程関係がなく、スムーズにする為に追加の加工を施してこの仕上げになります。

従いまして、バイクの動的性能には寄与しません。

溶接の技術力は分かりにくいし、多くの方にとって興味深い話でも無いので割愛致します。

動的性能には関係しませんが、贅を尽くすバイク、という観点で申し上げますとこういった処理は悪くはございません。

現在販売しているROCKETのラギッド感がお好きな方もいらっしゃれば、スムーズ ウェルドのジェントルな雰囲気を好まれる方もいらっしゃいます。

好みのバイクに乗って、本人が楽しければどちらでも良いと思います。

今回のバイクも相変わらず、バイクが呼ぶほうへとロマンを詰め込んで行きました。

ニーズに寄り添って均一化し個性の失われて久しい現代でございますが、せっかくの趣味の乗り物を作っているのが弊社ですので、『らしさ』全開のバイクを今後も創り続けます。

派手であればある程、馴染むのに時間がかかる製品ばかりですが、そういったモノが後世に残る可能性を持ち得るのです。

今回のROCKET CONCEPTにおいては、大部分に変更を加えております。

逆に変えていない部分はジオメトリーと楽しみ方です。

ジオメトリーは相変わらずのクイックなハンドリングと加速感。

楽しみ方も然り。

どなたでもただ乗るだけで、この性能をご堪能頂けます。

バイクの創作は楽しいものです。

製作には楽しさの他にいささかのサイエンスもあるのですが、所有し、乗ってお楽しみ頂くのには、そういった理論は不要でございます。

ただ、バイクがあって、オーナー様がいらっしゃる。

その数だけ楽しみ方があり、自分の好きな乗り物をくつろいでお楽しみ下さいませ。

自転車に限らず趣味として色々とやって気が付く事は、バイクは究極的には自己満足の世界でしかなく、自分が気持ちよく所有できるバイクがあれば良いだけで、尚且つそれが理想なのです。

ひょっとしたら、自分が好きなバイクでも、他の人からしたらこんなもの、と思われるかも知れません。

だから他人に評価を求めず、ご自身の心の声に従って決める。

言葉にするのはこんなにも簡単なのに、実行に困難を伴うのが趣味の道。

そしてシュミとシュラは一字違い。

修羅道を征く、貴方の傍にROCKBIKESを。

このバイクはコンセプトモデルの為、一台しか存在しておりませんが、実写をROCKBIKES HARAJUKUに展示しております。

余談ではございますが、当該サンプルはSHIMANO105を使用しております。

しかし、弊社のラインアップの多くが複数メーカー・グレードからも駆動系パーツをお選び頂けますので、ご参考までにどうぞ。