新製品のご案内

創業当初から弊社ラインアップにございます、PRIDEのフルモデルチェンジを行います。

スペックの変更点はブレーキがリムブレーキから油圧ディスクに変わった点です。

より軽い力で制動力を立ち上げる事ができますので、長時間の乗車の際はメリットでしょう。

また、荒天時でもブレーキの効きが安定しておりますので、通勤等で日常的に乗られる方にとってもメリットがございます。

デメリットとしては重量が多少重たくなる事なのですが、目先の重量よりも『究極のストリートクルーザー』としての総合性能を重視した為、このスペックに決定致しました。

細かな点ではございますが、油圧ディスクブレーキとの相性からタイヤの銘柄も変更しております。この点に関しては好みの領域になってまいりますので、軽く触れる程度に致します。

フレームに関しては、ワイヤーがフレーム内部を通る形式を採用致しました。メンテナンス時の不便はございますが、ルックスがクリーンになりました。

ダウンチューブのロゴはrockbikesからRBロゴに変更しております。ブレーキ周りのメカメカしい印象と反比例しての、シンプルさを狙いました。

ハブは従来のカップ&コーンからシールドベアリングに変更しました。カップ&コーンは廉価品と思われている方もいらっしゃるとは思いますが、当然の事ながらカップ&コーンにも良し悪しがございますので、一概にシールドベアリングが良い訳ではございません。後述致しますが、今回はメンテナンス性の確保の為、シールドベアリングを採用致しました。

塗装設備、塗料の更新に伴いまして、Garnet Redの発色に変化がございます。より深みを出しましたので、従来のGarnet Redと印象が大きく異なりますが、この点に関しては好き嫌いが有るやもしれません。

今回のモデルチェンジに於いて、重視したのがバイクのロングライフ化です。弊社製品のオーナー様の傾向を拝見しておりますと、一台のバイクを永く愛してくださるオーナー様が多くいらっしゃいましたので、そういったオーナー層を踏まえて、より寿命が永く、また維持しやすい車両に致しました。

これは物質的にだけでなく、カッコ良さも維持しやすいよう工夫しております。

また、多く頂くご質問が付属するペダルの有無でございますが、ROCKBIKESは基本的に全ての製品にペダルが付属しております。ビンディングを使用される方もいらっしゃるとは思いますが、純正のペダルにも当然コダワッておりますのでご安心下さいませ。

今回は三色の展開で、Garnet Red、Matte Black、Quick Silverの展開でございます。少々大人っぽいラインアップになりました。

発売は5月頃を予定しております。

現在、展示可能なサンプルは一台しか無いのですが、20日よりROCKBIKES HARAJUKUにて展示致しますので、ご興味をお持ち頂いた方は是非、実車をご覧になって下さいませ。

さて、今回のPRIDE phase4は一般的なバイクと比較しますとシンプルなパーツ構成でありながら、強い存在感を持つバイクです。

これにはちょっとしたコツがございます。

弊社は引き算の美学を得意としているメーカーではございますが、盛らなければならない部分は徹底的に盛ります。

引かなければならないものは、常識・慣習・ムダなど。

そして盛るのは色気。

大人のカッコ良さは、しっかりと足してしっかりと盛る事で形作られるのです。