それぞれに異なる貌

ROCKBIKESは現在9モデルのラインアップがございます。

その中で、FORTUNEENVYSPITFIREは雰囲気が近いので、これらの車種でお悩みの方をよくお見かけします。

お話を伺いますと、「ハイエンドのFORTUNEが理想だが予算を考えるとENVY・SPITFIREになる」と考えられていらっしゃるケースが多いようです。

確かにより高額な製品は所有欲を満たすのに一役買うのですが、ENVY、SPITFIREはFORTUNEの廉価版としてではなく、趣向の異なるROCKBIKESとしてお考え頂きたく。

例えば、FORTUNEとENVY。

シルキーな乗り味をお望みならENVY、唯一無二の個性をお求めならFORTUNEです。

ENVYとSPITFIREの関係値は、モダンとポストモダンのそれと近似しております。

FORTUNEとSPITFIREでは、SPITFIREはアルミ版のFORTUNEから開発をスタート致しましたので、初見で違いを見つける事のは困難ですが、細かな部分や乗車フィーリングの違いがございます。

一般的な見地で語れば、価格、駆動系、フレーム素材、剛性の違い等、数値的なマーケティングでバイクを語るのが正解となり、それがオーナーの嗜好よりも優先されるのでしょうが、弊社と致しましては情緒的な違いを見つけて頂くことを、モデル選びの楽しみの一つとしてご提案致します。

自転車業界に限った話ではございませんが、現代社会は数値や価格に依存したマーケティングにより情緒を感じる機会を失っております。

自転車たらしめる操る楽しさや所有する喜びを感じにくくなっているマーケットにおいて、人々が各々の感性と本能で駆る自転車本来の愉しみを取り戻す機会に、ROCKBIKESをどうぞ。