日本縦断最速記録挑戦プロジェクト

多くの自転車関連企業が行う活動の一つに機材サポートがございます。

基本的には企業や製品のアピール、選手からのフィードバックを得る為の活動でございまして、弊社はSIXTH COMPONENTSINTERPRO CYCLING ACADEMY に供給しております。

ROCKBIKESでは積極的にサポート活動を行なってはおりませんが、現在実施中の日本縦断最速記録挑戦プロジェクトに機材を供給しております。

プロジェクトの詳細は上記のリンクをご覧頂くとしまして、通常は行わないROCKBIKESの機材サポートを今回行なっている理由がございます。

有難い事に国内外のチームからROCKBIKESをレースで使用したいとの申し出を毎年、頂きます。(カーボンフレームを作っておりませんので、不思議でなりません。)

しかしながら、ROCKBIKESとしてレースには興味が無い事、また一般的なレースには一般的なロードバイクで走られる方が色々と都合が良いので、お断りをしております。

今回のプロジェクトはUCIのレースでは無い事、またチャレンジの内容とROCKBIKESの特性の相性が悪く無い事を踏まえ、サポートを決めたのですが、一番の理由は今回チャレンジを行なっているHIROKI氏の情熱に突き動かされたから、でございます。

今年の夏に突然、一通のメールが弊社のコンタクト フォームに届いたのですが、内容を見れば見るほど無謀なチャレンジにしか見えなかった事を覚えております。

そもそもロードバイクに乗った経験が無く、またビンディングペダル・シューズでは無く、純正のフラットペダルにスニーカーでの挑戦です。

無下にお断りするのも失礼かと思い、メールと電話にて返信を差し上げたのですが、日常では出会う事が稀有な熱量に感銘を受け、応援したいと思うようになりました。

今回のチャレンジは全く天候に恵まれず、非常にタフなモノとなっておりますが、諦めずに挑戦し続けるHIROKI氏の姿勢に心が動かずにはいられません。

皆様にも成功の成否を見守って頂けましたら幸いです。