名車の条件

世の中にはトイとして作られたバイクもあれば、ギアとして製作されたモノがある事を先日のブログにて申し上げました。

ROCKBIKESはギアとして製作しておりますので、長期間に渡って所有して頂く事を前提とした設計が為されております。

それは物質的にも精神的にも、でございます。

その為、一般的な自転車業界のトレンドからは離れたトコロに存在をしております。

確かにトレンドに従ったモノ作りは、言葉は悪いのですが、マーケットの洗脳が済んでいるので、売上を上げるには有効な判断でしょう。

しかし、現在のバイク業界のトレンド=スペック競争は行き着くところまできており、その一方で各メーカーのオリジナリティは明らかに失われております。(近年、後世まで残りそうな名車を見つけるのが困難である理由はここにあります。)

弊社は、レースでのパフォーマンスを競うのではなく、ストリートで鍛えられた性能と、美意識がバイクに重要であると考えております。

ROCKBIKESに乗るのにジャージ類は必要ではなく、自由に、オーナー様が思うカッコいいスタイルを表現して下さいませ。

さて、今回は中野区にございますサイクルショップTRACKSのブログをご紹介致します。

文中ではDEUCEGREEDなどが紹介されております。

このGREEDでございますが、当初は業界人にのみ高い評価を頂いたモデルでございました。

その為、当初の販売は全く振るわなかったのですが、最近では弊社の看板製品となりました。

名車と呼ばれるバイクに往往にして見られる光景ですが、良さが理解されるのに時間を要したモデルでございます。

こちらの写真は弊社のスタッフの私物でございまして、GREEDにドロップハンドルとSTIを用いてカスタムした車体でございます。

適度なエアボリュームにシンプルなパーツ構成が光ります。