ストリートバイクの情熱

本日はDEUCE phase2をご紹介致します。

初期型のDEUCEは超軽量のアルミフレームとしてリリース致しまして、根強いファンの皆様に支えられたモデルでございました。

Phase2の開発に中りましては、phase1をベースに、ピュアなストリートバイクをコンセプトとしております。

ルックスはphase1と大きく異なるのですがジオメトリーは同一であり、スペックはデイリーユースを輝かせるモノでございます。

自転車業界の常識からかけ離れた場所に存在する弊社でございますが、このバイクも他のラインアップ同様に、一般的な自転車業界の色眼鏡を通して見てしまうと理解が難しいバイクです。

トレンドに沿ってラインアップを形成するのは商売的には正解だと思いますが、流行にのまれて失ってしまうものも多くございます。

その失われるモノの中に、美意識、個性、文化といった、乗り物に重要な物が多く含まれているのです。

弊社がストリートバイク メーカーを標榜している理由はココにございまして、ストリートは本来、何よりも自由であり、文化に近い場所でございます。

レースは世間から隔絶された存在であり、それはそれで非日常感を楽しむには打って付けではありますが、ストリート=日常の感性で自転車の文化を更新していく為のバイクがROCKBIKESなのです。

従いまして、ROCKBIKESは車体ありきで完結するモノでは無く、オーナーの皆様方がそれぞれのスタイルを形成していく事で完成に近づきます。

話が若干、外れてしまいました。

一台のみ存在するDEUCE phase2の実車でございますが、先日まではROCKBIKES SHIBUYAにございましたが、現在は高円寺のCYCLE SOCKETにございます。

試乗された方が口を揃えて『面白い!』と語るバイクでございますので、店頭にて実車をお試し下さいませ。

CYCLE SOCKETは創業当初より弊社のコンセプトを深く共有している店舗であり、間も無くROCKBIKES KOENJIとして活動をスタート致します。

ROCKBIKES KOENJIに置いても、基本的に全てのラインアップをご用意しておりますので、是非お立ち寄り下さい。

東京にROCKBIKES STOREが増えておりますが、ROCKBIKES TOKYOは圧倒的なストック数が特徴でございまして、ROCKBIKES KOENJIはROCKBIKESの情熱をお伝えする伝道師として、ROCKBIKES SHIBUYAはコミュニケーションスペースとしてご活用下さいませ。