リアリティのロマンス

ストリートバイクを標榜しているROCKBIKESでございますが、この言葉の持つ感触から、90年代以降の形骸化してしまったストリートカルチャーをイメージされる方が多くいらっしゃいます。

弊社の考えるストリートとソレは異なりまして、『リアリティを追求したバイク』の意味で、『ストリートバイク』としております。

有名バイクブランドはツールドフラン等のUCIレースを自転車の頂点と設定して、憧れを喚起し、販売力とするのですが、リアルからの乖離が大きいので日常を彩るバイクとして考えますと、現実とのフィット感があまり良くありません。

レースという様々な制約に囚われた中での商品開発も、それはそれで楽しいのは事実なのですが、レースに興味のない人々の為の自由な、それも良質なバイクがこの世界には必要であり、それがROCKBIKESなのです。

レースにもストリートカルチャーにも共通して言える事なのですが、自由で新しい感性無くしては、物事はただ形骸化し、その先の終焉を迎えます。

その形骸化を『歴史』という名称で、付加価値にする事もできますし、そういった製品を好まれる方も多くいらっしゃるのも事実です。しかし、目先のセールスよりも、歴史のページにまだ書かれていない事を読み取る、このROCKBIKESという仕事は最高にロマンチックだと思いますし、そもそもロマンスのない世界に意味など無いのです。

さて、話は大きく変わりまして。

お問い合わせ内容で多く頂きますのが、弊社の製品を横断的に比較検討したい、との内容なのですが、本社を構える大阪では二箇所そういった場所をご用意しております。

東京の都心部でも見られる場所をお探しのお客様が多くいらっしゃったので、渋谷に弊社ショールームをただいま準備中でございます。

ROCKBIKES SHIBUYA

150-0011

東京都渋谷区東1-5-14

03-6434-1446

基本的に全てのモデルを展示しており、サイズ合わせ用の試乗車もございますので、お近くの弊社正規代理店にお探しのモデルが展示されていない時や、サイズを確かめられたい際などにご利用下さい。ROCKBIKES SHIBUYAにてバイクをご購入頂く事も可能でございますし、ショールームで諸々ご確認頂いた後にお近くの代理店でご購入頂く事ももちろん可能でございますのでお気兼ねなくお訪ね下さいませ。

また、こちらのショールームでは弊社のパーツ部門SIXTH COMPONENTSも全ラインアップ展示しております。カラーパーツの色味を確認されたり、ホイールに実際に触れられたい際にもご活用ください。タイミングによってはご希望のアイテムが無い場合もございますので、その際はご容赦下さいませ。

7/31のオープンを予定しており、営業時間や定休日は現在、調整中でございますので詳細が決まり次第、こちらのブログでお知らせ致します。