ネオ クラシカルの矛盾

クロモリという素材はフレームの素材として永い歴史を持っております。

重量や生産効率等では最新のカーボンと比較しますと明らかに劣りますので、スマートである事がヨシとされる世の中の空気的には認められ難いフレーム素材です。

それは自転車だけではありませんが、今はモノゴトに性能ばかりが求められている時代。

その中で、性能の前に『美しさ』がモノに備わっていて、『先ずは目で愛でるモノ』を大切にする文化は、どこかでキチンと継承していきたい文化であると思う次第ですし、その為のROCKBIKESでございます。

本日はクロモリ ロードバイクENVYに関する、大阪のK&M CYCLE 南船場店のブログのご紹介です。

クロモリバイクはその歴史の古さもありまして、当時のスタイル・設計を継続して生産しているメーカーが多いのですが、ENVYは最新のアイディアで現在の道路事情やパーツとのマッチングを取ったデザインをしております。

所謂、自転車の王道を歩んでいるモデルなのですが、道のド真ん中を歩き続けるにも常に進化が必要でございます。それを邪道と考える方もいらっしゃるみたいなのですが、自転車業界において邪道をひた走るのがROCKBIKESでございますので、それはそれで正解でございます。