作ることは、考えるコト

先日、弊社に新しいスタッフが入社し、弊社も賑やかになって参りました。新しいスタッフは、ビジネスパートナーとしての付き合いも永く、また個人的にも尊敬し、親しくしていた人物なので同じチームで仕事ができる日が来たのを嬉しく思いつつ、そんな日が来ると思ってもいなかったので、人生の複雑さ・面白さを噛み締めている今日この頃でございます。

さて、先日のブログでニューモデルの話に触れまして、ありがたい事にソレに関するお問合せを多数頂いております。詳細の発表まで、もう少々お時間を頂きたく。どんなカテゴリーのバイクかと聞かれますと、ROCKBIKESです、としかお答えできない、そんなモデルです。

弊社の製品開発に関しましては、一般的な自転車メーカーとは異なりまして、駆動系パーツの新モデルを搭載する為の製品や、材料・素材メーカーの提案を受けての製品開発を行いません。ラインアップの追加やモデルチェンジは、自分達のライフスタイルの変化や新しい物事の見え方をキッカケとする事が多く、ROCKBIKESは自分達の生きるのと同じスピードで『熟成』していくのです。つまり、一般的なメーカーが謳う『進化』ではなく、弊社は常に『深化』の途中にあります。

一般的に、自転車は合理性や効率が最優先され、競争する事でその価値をアップデートします。もちろん、それらは必ずしも悪いコトではありませんが、それが仕事と人に悪影響を与え、モノづくりの根幹に据えられた際に大きな問題になります。モノづくりの効率化は、ともすれば思考停止へのルートでもあり、新しい可能性を探求するという、モノづくりに携わる者としての必要不可欠な『考える』行為さえも省略してしまいます。その結果、今日のようにロゴを隠してしまうと違いがわからないコモディティ化したマーケットになっているのです。

また、ユーザーにとっての合理性や効率性をクオリティの基準にするのも、一見耳あたりが良いのですが、問題があります。ユーザーフレンドリーな技術は最適な『答え』かもしれませんが、それが完璧であればあるほどユーザーの使い方を限定的にしてしまいます。自転車業界においては、何が起こったかと言いますと、どの国に行っても自転車との関わり方は一様でして、人によっては、それはグローバリゼーションの結晶とおっしゃるでしょうが、地域性も、個性も、刺激も、感動もないツマラナイ景色がただそこに広がっているのです。

今回のブログで申し上げたい事は、他社が自転車に関する『解決策』を提供するビジネスを展開しているのに対しまして、弊社は人生と自転車に関わり方に関する『問い』をROCKBIKESという名称で造っているメーカーなのです。

多様性という言葉がもはやお題目になり、声の大きい者だけが支持を集めていく今の世界にあって、オーナー様のカッコよさ・生き様を共に追求していく企業姿勢でございますので、当然マジョリティには受け入れられるメーカーではございませんが、今後も独自のスタイル、カッコよさを探求していきたいと思います。

さて、本日は高円寺のCycleSocketのブログから、PRIDE phase3のご紹介です。

今回、紹介されているカラーはSilky Snow、世間ではパールホワイトと呼ばれる事の多いカラーで、清潔感を持ちながら、色気も忘れない仕上げです。

ハンドル形状から攻撃的な雰囲気がございますが、ストリートでの使い勝手に優れるモデルでございます。

ブルホーンハンドルはマーケットでの選択肢が少なく、その中からシフターの取り付けが可能で、美しい形状を持つモノとなると極めて希少です。

このハンドルバーはPRIDEの為に開発したモデルでございまして、細部にまでコダワリ抜いた形状をしております。

 

高円寺のCycle Socketは土地柄でしょうか、個性の強い方が多くいらっしゃいます。

ビギナーからヘビーユーザーまで、懐深く対応している楽しいショップでございますので、是非一度ご来店下さいませ。