旅をした可愛い子は、カッコよいオトナになる。

人生はよく旅に比喩されます。

旅の概念をどう設定するかの議論は尽きませんが、今回は移動する事を旅と考えます。

移動距離が長ければ特別な旅としての印象は強くなりますが、何気ない日常の移動、例えば通勤、お買い物、ご友人との会食のための移動も、ロマンチックに考えたら旅の範疇に含まれます。

その移動に使用するのは、公共交通機関、車、単車、自転車、徒歩が国内の場合はほぼ全てを占めると思いますが、目的地に至るまでの過程の部分、つまり移動を楽しんでいる人々が少ないのが実情です。

豊かな人生においては、この人生の浪費とも言える時間を如何に楽しむかが重要になります。

スマホで時間を潰すのも悪くはありませんが、自慢の愛車でクルマ旅、自転車旅を楽しむなんて男冥利に尽きると思いませんか。

人生の時間を細かく切り取った際に、どれだけコダワリあるいは美学が詰まっているか、がその人生のカッコ良さを左右します。

さらに良質な自転車の付加価値として、移動を楽しみながらフィットネスの効果もある点がございます。

鍛えられた体は最高のオシャレですから。

さて、今回は高円寺のCycle Socketのブログから、PRIDE phase3のロードバイクカスタムをご紹介します。

Phase2の時代はフラットバーからドロップハンドルへの変更は頻繁に見られたカスタムなのですが、Phase3に入りましてフラットバーロードからカテゴライズできないモデルになり、ドロップカスタムを見かけなくなりました。敢えてカテゴリーをつけますと、ROCKBIKESというカテゴリーになります。

PRIDEのジオメトリーは他のモデルと比較致しますと、直進安定性に振ってあり、懐の深い性格のバイクでございます。

通勤から遠乗りまで、オールマイティに活躍するバイクでございますので、是非店頭で実車をご覧になってくださいませ。