一枚上手のバイク

エアロ シングルスピードバイク TOMAHAWKに新色を追加しました。

今回はGarnet RedNATO GreenSilky Snowの三色でございます。

このモデルの特徴は多々ございますが、割愛致します。

敢えてシングルスピードに乗る理由を。

シングルスピードバイクは読んで字の如く、変速の付いていないバイクです。

上質なバイクのマーケットにおいては、少々クセが強めのカテゴリー。

日本では10年程前にファッション アイテムとして大流行しました。

シングルの利点を列挙しますと、メンテナンス頻度の低さ、タフネス、シンプルなルックス、ロードバイクでは実現できないジオメトリー等。

変速が付いていないからシンドイでしょ?と聞かれます。

そうですね、楽ではないかもしれません。

そもそも自転車自体が楽な乗り物ではありません。

冬は寒いし、雨が降れば大惨事。

ただ、それが利点でもあります。

夏は暑くて、冬は寒いコト。

渋谷と原宿、京都と大阪では空気が異なり、キタとミナミでは匂いも違う。

毎日、季節が進んでいるコト。

自転車はそれらを半ば強制的に感じさせてくれます。

これってつまり、日々、感性を刺激される機会を得るというコトです。

感性は何もしなければ、ただただ枯れていくのみ。

感性を養うのに過保護になる事は不可能、自転車はいつまでも瑞々しい感性を保つ為のツールでもあるのです。

スムーズなリムジン、ボーイング787、デジタルガジェット。

眩ゆい最新技術の数々を否定しているワケではございません。

利便性の追求は人類の進化において、もちろん重要でした。

同時に引き算の美学を人生に取り入れる事。

それ即ち大人の色気に繋がるのです。

そう考えるとシングルスピードバイクはバイクにおける、究極のプラス思考に思えてきませんか?