夢が叶う、まで

ROCKBIKESをご検討頂く際に、以前は特定のモデルに惚れ込んでご購入頂くケースが大半のケースであったのですが、最近はありがたい事にROCKBIKESの何かに乗りたい、と思って頂くケースが増えており、弊社もそういった変化に対応をして行かなければならないと感じております。

ブランドのラインアップを横断的に比較される際は、通常店舗ではどうしてもストックする場所の問題等がございました。

そこで先日よりHOUSE of ROCKBIKESとしてROCKBIKES本社の一部をショールームとして、また販売店として公開しております。

今回のブログは、先日弊社にお越し頂いたお客様のご検討からご購入までを(オーナー様の許可を頂きましたので)ご紹介します。

本社所在地は公共交通機関で辿り着く事が困難でございますので、最寄り駅までお迎えにあがります。

今回のお客様はモデル、サイズ、カラーのフルコースでお悩みでした。

先ずは適正なサイズを探す事から始まります。

弊社のサイズ表記は460mm 470mm 500mm 530mm 560mmがございます。C-Tでの表記です。

ジオメトリーを考える際、インターネット上でチャートのような物が見られますが、参考になりません。

人それぞれ、体の寸法はもちろん、関節の柔軟性、体の使い方のクセ、また使用用途がございますので、それを考慮したサイズ選びが必要です。

今回のお客様は女性で、周囲の自転車乗りからは弊社の460サイズを勧められていたらしいのですが、実際に試してみたいと思われてのご来社です。

実車に乗って頂きましたら460どころか500もしくは530も乗れてしまう事が判りました。500か530サイズかは悩ましいところでしたが、使用用途をお伺いして今回は500サイズをお選び頂きました。

街でお見かけする自転車乗りの方で、カッコよく見えないのはサイズ選びで間違えられているケースが多く、心が痛みます。

こういった現象は理由があるのですが、長くなりますのでこのテーマは後日に。

さてサイズが決まりましたので、次にどのモデルにするかをご検討頂きます。

今回はロードバイクをお考えでしたので、ROCKETSPITFIREENVYを乗り比べて頂きました。

お客様はご来社になる前に非常によくお調べ頂いており、乗られる前にそれぞれのバイクの乗り味に対するイメージをお持ちだったのですが、一旦ゼロベースでお試し頂く事をオススメしました。

ネットで見かけるインプレッション記事や口コミはあくまでも個人の感想でして、誰がそれを書いているかに限らずバイアスがかかっております。あくまでも流し読み程度に留める事をおすすめ致します。

最終的にはご自身の感性で、どう感じられたか。

そこがキモです。

自分が欲しいと思うモノを、素直に乗る。

周囲の雑音は無視して頂いて結構です。

結果、今回はROCKETをお選びになりました。

当初は硬いフレームのイメージをお持ちだったのですが、実際に乗ると気にならなかったとの事です。

試乗後にフレームの硬さと振動の減衰の違いをお伝えし、ご納得頂けたご様子でした。

さて、次はカラー選びです。

カラー選びは慎重に行います。

マットブラックが定番且つ一番人気なのですが、趣味としての乗り物は初めてとの事、非日常感も楽しんで頂きたいものです。

コアカラーを決めていらっしゃるなら、それを。

もしくは色気を含む意外性を狙ってみては如何でしょうか。

意外性がある事と突飛である事は違います。

バイクがオーナー様と並んだ際に悪目立ちしないよう、カラーをご提案致します。

太陽光下、暗所、数々のシチュエーションでバイクをご覧頂き、バイクの見せる様々な表情をご確認頂きます。

当初はMatte Blackをご検討頂いており非常にお似合いだったのですが、せっかくのROCKBIKESなのでエロさと上質さが混在するGARNET REDをお選び頂きました。

バイクの組み上げには一週間頂いておりますので、翌週末に再度お越し頂きます。

そして一週間後、ご足労をおかけしたのですが、再度弊社最寄り駅までお越し頂きました。

バイクへの慣熟、ポジションの調整の為にお客様と試走に出ます。

走りやすい道、坂道、バランス感覚が必要とされる道をコースに入れており、お一人で乗られる際に不安なくお楽しみ頂けるようにルートを決めました。

途中で私のバイクに履いているZEPHYRUSを試されたいとのお申し出がありましたので、車輪とブレーキシューを交換。

カスタムの楽しさも体験して頂きました。

遠方までお越しくださったので、昼食は他では食べられない料理が提供されるお店にご案内し、その後社屋まで戻ります。

社内ではメンテナンスの考え方をご説明しながら、ポジションの微調整を行います。

今回のお客様はお住まいの近くに正規代理店がなく、またご自身で手先を動かすのが非常にお得意な方でしたので、遠方にお住まいでも弊社にて納品致しましたが、基本的にはお近くの弊社正規代理店でお買い求め下さるのが無難です。

ただ、ご自身でメンテナンスも楽しまれたい方も多くいらっしゃるのも事実ですので、皆様のスタイルに一番マッチする方法でROCKBIKESをご購入くださいませ。

今回のケースではメンテナンスも全てご自身でされたいとの事でしたので、詳細までバイクのご説明を致しました。

ポジションに関しては、サドルの高さ、前後位置、ハンドルの高さを調整。

ハンドルは極力下げたいとのご意向でしたので、一番低いポジションまで下げたのですが、コラムカットはもう少しバイクに馴染むのを待ってから検討して頂くようお伝えし、いよいよお見送り、となった段階でホイール交換のご依頼を頂きました。(後日、コラムカットをされました。アグレッシブなお客様が多く嬉しく思います。)

先程、お試し頂いたZEPHYRUSを履いたバイクのルックスが忘れられないとの事でしたので、少々お時間を頂き、新品のホイールを検品、ブレーキシューとタイヤも交換し納品致しました。

カーボンホイールのメリット・デメリットを再度説明、純正ホイールはご自宅まで郵送する手配をし、お見送り致しました。

途中、コーヒーを飲みながら事務所で歓談をしていたのですが、何故数あるブランド・メーカーからROCKBIKESをお選び頂いたのですか?との質問に、『一番、カッコよかったから』とのお答え。

最高の褒め言葉をありがとうございます。

HOUSE of ROCKBIKESは完全予約制を採用しており、お客様は一日にお一人様のみの対応とさせて頂いております。

一人々々のオーナー様に最適なモノをご提案するのには、多少の時間と下準備、落ち着いた環境が必須でございます。

最良の環境で最良のバイクをご提案する、その為の施設がHOUSE of ROCKBIKES並びにROOMS to INSPIREなのです。