独自の進化

弊社は現在、シングルスピードバイクを2車種ラインアップしております。

アルミのエアロチューブTOMAHAWKとクロモリフレームのMELANCHOLYです。

昨日、永らく更新が滞っておりました弊社HPのMELANCHOLY MatteBlackを更新致しました。

ディテールの写真も撮りましたので、見やすくなったと思いますので是非ご覧ください。

1220164719_5858e2078c892

このシングルスピードというカテゴリーは一時期、業界内ではタブーのように扱われました。

国内のブレーキに関する法律の問題やグレーな空気感から、一部の方々の間では嫌悪の対象となり大手のメーカーが本国のラインアップとして持っていながらも日本では販売をしない選択をした結果、安い粗悪品が出回りシングルスピードバイクのブームは幕を下ろしたのです。

このマーケットは面白い事に、日本でのブームから海外に広まり、当初は競輪フレームは持て囃され、その後トリックバイクやアルミのエアロシェイプ等に細分化が進んで行きました。

しかしブームが終わった今でも、シングルスピードは確実にある一定数のマーケットがあり、シングルスピードバイク自体が持つ魅力は変わりません。

シンプルなパーツ構成からくるメンテナンス性の良さ

美しいシルエット

ピストジオメトリー由来の独特のライドフィール

これは間違いなく、シングルスピードでしか味わえないものです。

1220164731_5858e213ee70b

さて、前述のブレーキに関する法律ですが国内では公道を走行する上で、二系統のブレーキの装着が義務付けられています。

ブームだった当時はブレーキをつける事が、クールさを失うという事で忌避されました。

そこで弊社は美しさを損なわずに、機能性も考えた結果リアブレーキをフレームの下部に移設しました。

これは日本ならではのデザインなのですが、これが面白い事に海外の展示会で非常に評価が高いのです。

国内ではこういった進化はガラパゴス化と言われ嘲笑の対象になる事も頻繁にありますが、あまり自虐的に考えずに国内で独特の進化を遂げたものを前向きに捉えても良いのでは無いでしょうか?

世界でのシングルスピードブームも日本が一役買ったのは事実ですし、自転車の文化は別に海外から輸入しなくても、自分が好きなスタイルを貫けば日本特有の文化が生まれ、そのスタイルを大事にする事がカッコ良さに繋がるように思います。

1220164725_5858e20d12787