再考のアルミニウム

どのような自転車にも、何かしらのイメージがあります。

そしてバイクに使用される素材にも乗り味や性能のイメージがあるのですが、この業界は残念ながらイメージという言葉を通り越して先入観で語る事が多く、不正確な情報が飛び交っています。

最近、頂くご相談で多いのが、SPITFIREの乗り味に関するものです。

ルックスを気に入って頂き購入を検討されていらっしゃる方が、アルミフレームは乗り心地が硬いのではないか、と気にされてるケースが多数ございます。

この場合の『乗り心地』ですが、この言葉がクセモノでして、フレームの硬さを指す場合もありますし、体に伝わる路面からの振動を指すケースもございます。

SPITFIREのフレーム剛性は非常に高く、間違いなく硬いフレームです。

しかし体に伝わる微振動は非常に少なく、手や足への振動でのダメージは抑えられております。

そして、ENVYとSPITFIREで悩まれるお客様が多くいらっしゃいます。

乗り方の個性で申しますと、スピードジャンキーならSPITFIRE、サドルの上で優雅な時間を過ごされるならENVYとの相性が良好です。

ただ、細かい御託は抜きにして、直感的に惹かれるモデルを選ばれる事を強くお勧め致します。

憧れの君は永遠にその魅力を失いません。

さて、本日は大阪のK&M CYCLEのブログよりSPITFIRE Midnight Blueの納車風景のご紹介です。

今回はクランク、タイヤ、バーテープを交換されての納車です。

ハンドルはトップ部分を扁平させており、バイクのルックスにアクセントを。

フレームの溶接に関しまして、スムーズ ウエルドを好まれる方もいらっしゃいます。

スムーズ ウエルドは一般的には優れた溶接技術のように思われておりますが、それは正しい認識とは言えません。

溶接箇所をスムーズにするには幾つかの手法がございまして(詳細は後日に)、しかしそれらと溶接技術の優劣は関係がございません。また、手法によってはフレームの性能・品質を落とす事にも繋がりますので、安易なスムーズ ウエルドはお勧め致しかねます。

溶接の優劣はビードの状態によって判断できるのですが、マニアックな長文になる割には盛り上がりに欠けますので、割愛致します。

SPITFIREを表現する言葉は多くあり、ブランド最『硬』のモデル、ブランドラインナップの中でもベーシックなロードバイク等、触れる人々の感性によって様々な捉えられ方が為されます。

皆様の目にはどのように映るのでしょうか。

硬派でありながら、大人の色気と華を兼ねそなえる。

かつてない無い価値をもつアルミバイクがSPITFIREなのです。