未来の風向き

先日の代官山での展示のご案内に続き、今回もROCKBIKES展示のご案内です。

京都マルイに多数のROCKBIKESが展示されております。

一台しか存在しないDEUCEのプロトタイプもございます。

弊社のパーツ部門SIXTH COMPONENTSでカスタムした車両の展示も行なっております。

こういった展示は、普段は得ることが出来ないフィードバックを頂きます。代官山での展示では海外のお客様からのお問い合わせが非常に多く、既に海外展開は行なっておりますが、今後の更なる可能性を感じております。

時代錯誤の考えかもしれませんが、日本のメーカーとして日本の美意識を世界に発信していきたいと常日頃から思っております。

理由でございますか?

ロマンチックだと感じるからです。

海外メーカーが跋扈する自転車業界において、レースをしない、大掛かりなプロモーションもしない、極めて小さな企業規模の弊社が、業界に新しい風を吹きこめられたなら、それは長年変化の無かった自転車の世界を一歩前進させられた事になります。

そんな夢物語も、悪くはないでしょう?