冷静と情熱の間

すっかり春らしくなり、オーナー様や購入をご検討中の方からお問い合わせを多く頂きます。

ご意見を頂戴する事もあり、興味深く拝見しております。その中でもキャリアやフェンダーを取り付ける為の台座をご希望の方が一定数いらっしゃるようです。現在、ROCKBIKESにはアクセサリー取り付け用の台座はございません。台座がありますと使用可能なアクササリーは増えます。しかし、ROCKBIKESは『カッコよさ』にフォーカスした製品群でございますので、拡張性による商品力の為に、安易に機能を追加する事はございません。後付け感のあるアクセサリーはバイクの見た目をスポイルさせますし、機能は使用されていれば存在価値はございますが、使用されていない際は多くの場合、無駄になってしまいますし、何よりも『見た目』の性能を下げます。

もしフェンダー等を装着したバイクに対する創作意欲が湧きましたら、その際は一つのモノとして完成度の高いバイクをご提案致します。

拡張性や機能性にはわかりやすいメリットがあり、販売促進の為には有効な手立てでしょう。しかし、それらは、製品に違和感を生じさせてしまう事もありますし、『感性』とは真逆の方向に向かってしまう物です。さて、話は変わりまして、弊社のクロモリバイク ENVYをご紹介致します。

画像は高円寺のCYCLE SOCKETのブログより引用しております。

ENVYはクロモリをフレーム素材としておりまして、マイルドな路面コンタクトとクイックの動きを両立しているバイクです。

クロモリはバイクの素材としては古い歴史を持つのですが、昔ながらの物をお探しの方には合わないバイクでございまして、現代の時代背景にあったパーツや性能を持ったモノがENVYでございます。

創業当初よりラインアップにあったモデルでして、大きな変更を加える事なく現在に至っております。

性能はカーボン、スタイル重視ならクロモリのような風潮はありますが、クロモリの性能には特徴があり、カーボンでは実現できない部分がございます。雑誌やネット上で飛び交っている情報よりも、ご自身に本当に合うモノを吟味してお探し頂くのが最高の自転車選びです。