色気という性能

花粉が舞う季節は自転車業界が慌ただしくなる合図のようなものなのですが、この時期に毎年、台湾で非常に大きな展示会が行われます。

ショーの前半が業者向け、後半はエンドユーザー向けになります。

弊社も毎年、見学と友人に会う為に訪れるのですが、ROCKBIKESを海外で販売するパートナーを探すのが主な目的です。

『日本』に特化したメーカーではございますが、美意識や価値観を共有できる人々をお会いするのは非常に楽しく、また光栄でもございます。

さて、本日は弊社のテーマカラー GARNET REDのPRIDEをご紹介します。

画像は高円寺のCYCLE SOCKETのブログから引用しております。

Garnet Redは赤に深みを持たせておりますが、古さを一切感じさせないカラースキームです。

アイキャッチを強くする為に明るめの赤を採用するケースが多いのですが、弊社がバイクの性能で重要視する『色気』の追求の為、深みのあるGaenet Redを作りました。

特徴的なブルホーン バーは異形でありながら、ストリートでの抜群の使用感を誇ります。また、バーの形状にもコダワリ抜いておりまして、その艶かしい曲線は見るたびに違った表情を見せ、オーナー様の所有欲を永きに渡り満たし続けます。

バイクに何を求めるかは人それぞれありますが、ROCKBIKESは人生に色と艶を求められる人に最適なバイクでございます。製品開発においては、そのモノがカッコいいか、というのは非常に重要な要素でありまして、使い勝手が良くても色気を感じられないものをリリースすることはございません。

色気という性能を研ぎ澄ました、ROCKBIKES PRIDE

是非、店頭で実車をご覧下さいませ