深化も進化

自転車には約10年前に『ピストバイクブーム』と呼ばれるものがありました。

ROCKBIKESを始める前に所属していたメーカーで、そのブームに一役買っていたのですが、現在ではブームは去りましたが一つのカテゴリーとして残っております。

ブームが去った一つの理由はブレーキの問題がありまして、日本の法律でが自転車には二系統のブレーキの装着が必須なのですが、当時はブレーキをつけずに競輪用のフレームを街中で乗るのがカッコ良いとされていた時代でしたので、取締や社会的な問題がありブームが収束していきました。もう一つの理由としては、品質に問題のある、安価なピストバイクが氾濫した事でしょう。

このブームの起爆剤となった動画がございまして、それがredbullのサイトで紹介されております。

同様の事を日本で行いますと問題行動になりますが、今見てもカッコいい動画です。

このシングルスピードのカテゴリーは、日本のメインストリームの自転車好きからは忌避されているのが残念ですが、自転車の新しい可能性を示した事は間違いございません。

その後、国内のシングルスピード マーケットは良くも悪くもガラパゴス化してしまい、次第に国内での影響力はなくなったのですが、面白い事に海外でそれに目をつけた人々がおり、国内の業界人でも気づかない間に海外のマーケットに影響を与えて行ったのですが、その話はまた後日にでも。

さて、流行していた当時はリアを固定ギア(後ろに踏むと、車体が後ろに進みます)で乗る事が主流でしたが、現在ではシングルのフリーギアで楽しんだり、前後ブレーキを付けたりと、シングルスピードに対する価値観は多様化しております。

ROCKBIKESを立ち上げた今でもシングルスピードバイクにコダワリを持っておりまして、このカテゴリーのバイクを作り続けています。現在は二つのラインアップMELANCHOLYTOMAHAWKがございます。

両車種共にシングスピードの美しさを持ちつつも、日本のリアルに合うモデルです。

本日は画像を中崎輪業のブログより借用しております。

変速機が無いデメリットは当然ありますがメリットを挙げますと、メンテナンス頻度の低さ、消耗品が少ない事、タフネス、そして何よりもシンプルなルックスでしょう。

ブームが去った後、ほとんどのブランドが真剣に取り扱わなくなってしまったシングルスピードですが、TOMAHAWKはROCKBIKES的モノづくりが反映されている車体でして、ディテールも走行感も抜かりございません。何よりも直感的に伝わる別物感が魅力のモデルでございます。

歴史上一番売れたシングルスピードを作ったメンバーがお届けする、人類史上最高のシングルスピード。

人生観が変わる一台に間違いございません。