『まだ』は『もう』なり

先日、ROCKETの新色BabyBlueを発表致しました。

rocket_image07

主張の強いカラーで私自身、非常に気に入っているカラーです。

早速、大阪の中崎輪業のブログでも紹介されております。

rr03-1000x600

ROCKETの詳細は上記のブログをご覧いただきまして、本日はROCKBIKESの買い時はいつがベストタイミングかというご質問にお答えしたいと思います。

この質問も頻繁に頂くご質問です。

不定期に新モデルや新色を発売するので、買い時がわからないとの事です。

確かに、一般的な自転車業界のスケジュールからは大きく異なる動きをしております。

通常は夏に新モデルを発表するのが一般的ですが、弊社では作りたくなったモノを思い立ったタイミングで生産しますので、そういった点ではご購入頂くタイミングは読みにくいかも知れません。

また、多くのカラーリングがほぼ限定生産のような規模でしか生産しておりませんので、興味をお持ち頂いた頃には既に完売してしまっている事も少なくありません。

その結果、お客様や販売店から再販のご希望を非常に多く頂きます。

しかし、申し訳ない事ですがほとんどの場合、再販する事がございません。

これには理由がございまして、自由気ままに生産はしておりますが年間あたりの生産数は3000を超える事がないようにしております。この数の中に生産数を収めようとしますと、以前展開したカラーの再生産を入れてしまいますと新しいカラーの生産が数量的に難しくなります。

生産数をコントロールする理由は二つございまして、先ず弊社は極めて少人数で運営している企業でございます。生産数を増やす事によるメリットもありますが、品質管理の面から考えますと弊社の体制では得策ではございません。また、そもそもROCKBIKESは一部の方に深く刺さればそれで良いブランドですので、オーナー様との距離感が重要だと考えます。大量生産による目の前の利益よりも、確実にROCKBIKESのカッコよさを一対一で受け取って頂ける規模感というものが間違いなくあります。

『新色は不要なので売れるカラーを繰り返し生産して欲しい』とのご要望も頂きますが、弊社は『変わらないために、変わり続けるメーカー』ですので、今後も新製品をリリースしていきたいと思います。

ですので、話を戻しますと弊社の製品は『気になった時が、ベストタイミング』です。

新しいものが眩しく見える事もあるでしょう、しかし今のご自身のフィーリングを信じて愛せば、この先、後悔される事もございません。

逆に、惚れたモノを手に入れられなかった後悔は一生付き纏います。

それはモノだけではございませんが。

SONY DSC
SONY DSC